読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20161106 : 残り146日

前回の記事、Inspire004。

書くほどのことでもないと思ったんですが、なるほどと思ったことは記録して後からリマインドしたいので。

普通の日記を書こうと思っても残したいことが1つでもあるとInspire行きになっちゃいます。

 

今は時間の短さに焦りをすごく感じながら、でもお布団の暖かさに包み込まれてついダラダラしてしまう自分、それをいかんと心の奥底の隅っこの方で律しながら、いつ起き上がるかを決めきれない。あぁ、冬なんだなぁ…、クリスマスケーキに、年越し蕎麦に、おせちに、あっ、よだれがっ、、、みたいな感じで過ごしてます。

ちなみに私が一番好きな食べ物は、年越しそばなんです。

めっちゃおかわりします。

 

ここからはタイトルの話。(年越し蕎麦の話をしたら、なんかどうでもよく思えてきた、、)

 

146日。私が学生でいれる日数です。

 

「そっか〜、後悔しないように遊ばなんね」

理系なので院に行く友達がほとんどで、そんな風に言われます。

 

んー、違う。

 

気づくのが遅かったのですが、

学生生活ほど自分のために時間を使える期間はないと思って。

 

社会人になる前に少しレベルを2、3段あげたいな、と。

 

え、成長?成長するため??

 

 

これすごい思うんですけど、成長するためって言葉、違和感ありません?

目的がゴールになってる感じ。

ポケモンでレベル100まで育てて四天王に挑まない感じ。

 

んー。

思ったのは、ポケモンで相手と互角だと戦うのけっこう疲れますよね?

負けてお金取られたり、ポケモンセンターからやり直したりが面倒くさいですよね?

 

こういうリスクや損を避けること、それがゴールで

成長したいになるのかな、と。

 

目標が定まってないと、ずーっと先にラスボス的な感じで君臨している「何か」を恐れてそれに備える。その時が来た時に圧倒的な力でその「何か」を倒す。

 

あー、それだ。

目標がないから、「準備」したい。

 

なんか、成長という言葉が無意味なものに感じるのは、その人の意志だったり情熱だったりが感じられないからで、目標がないからなのか。

 

成長に対する違和感がなんとなくストンと腑に落ちたところで。